ノスタルジックをもとめて・・・ 
「 銀 塩 放 浪 記 」
2007年6月4日より休業しました。

2009.08.31 Monday スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています




2006.08.31 Thursday カメラ ザック


平 和 を 勘 違 い す る と 

地球 恐ろしい 地球






とりあえずカメラザックを2つ持っています。。。

ラムダ 「スナッピーザック」
形は、いま一つですが、愛用者は、多く息の長い人気商品のようです。
量も15リットルと見かけによらず入る。
使用したことはありませんが、銀レフが背の裏に収納されている。
ウレタンの仕切りを別に購入しレンズ3本、カメラ1台を入れて徘徊しています。
かれこれ10年近く使っています。

muntain dax「CS-Pro2000」
メタルフレームを使用していないが、量:30ℓ、重量:3200g結構重たい。
フル装備してしまうと担げません。
バックオープンシステムとか言って、背中側(背負っている側)から出し入れします。
下に置いて出し入れした後、背中が汚れないメリットが有りますが、背負うベルトが結構邪魔になります。



・・・カメラやレンズは、カビに注意しています。
使用した後は、アルコール入りのウェットティッシュで拭いて、乾いてから、乾燥剤、カビ止めの入っているボックスの中に入れているためカビたことがありません。

ところが。。。
mountain dax「CS-Pro2000」が、カビた!! びっくり
使った後は、ぬれた布で拭いて乾かしてそのまま置いてある。
中には、乾燥剤とカビ止めを入れてあります。

本体には、カビが無いのですが、各ベルトの部分に白い模様のようなものが、、、
見ようによっては、お洒落です。。。冷や汗

取りあえず、アルコール入りのウェットティッシュで拭いて外見的には見えない。
今日は、陰干ししています。しょんぼり


カメラザックといえども注意が、必要ですね。楽しい










2009.08.31 Monday スポンサーサイト



comment...





(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.