ノスタルジックをもとめて・・・ 
「 銀 塩 放 浪 記 」
2007年6月4日より休業しました。

2009.08.31 Monday スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています




2006.06.01 Thursday 美 眼



美顔ではなく美術眼。

平成17年第56回文部科学大臣賞
芸術選奨受賞者 和田義彦氏。

イタリアのアルベルト・スギ氏の贋作。
並べて比較すれば素人でも判る。

名前と取巻き(パトロン)だけで評価している日本の「美術業界」。
今回、世界に日本の「美術業界」のレベルの低さを露呈させてしまった。冷や汗

税金を使い「文部科学省」が、お墨付き(表彰)をつけた。
国の責任も大きい。怒りマーク

何かあると「文化人」「学術専門家」で協議した結果と言いますが・・・

「薬害エイズ」(非加熱製剤)厚生省(郡司氏)と日本の医学界(安部英氏)、製薬企業(ミドリ十字等)が、日本中に広めてしまった。

「BSE」(牛海綿状脳症)農水省や外務省は、国民を無視し、米国の為に6月に米国産牛肉の輸入再開を正式決定の方針だと言う。

6月1日から道路交通法の改正で駐車違反を民間委託が行われる。
「駐車監視員資格」なるものを作り、団塊の世代の警察官を民間委託会社に天下りするという仕組みを確立した。
すぐに問題が、起こりそうな予感ががします。

どれもこれも国民に「説明責任」がなされていない。
国を食い物にして「愛国心」がない・・・
「愛国心」がない政治家、公務員は、要らない。

「日の丸」を掲げ、「君が代」を歌うことが「愛国心」だとは・・・ショック

こんなことを考え出すのは、世界でも「北朝鮮」と「日本」の政府ぐらい・・・悲しい



関係者は、面目を保つべき着地点とその根回しに奔走しているでしょうね。
対応何時ものように遅い・・・。

森村誠一氏のHPには、
名声に群がる人々の「記念写真」が掲載されている。

和田氏の絵画お買いになっているんでしょうね。



・文部科学省HP
・文化庁HP(和田義彦氏の受賞理由)
・森村誠一氏HP
・警視庁HP(違法駐車)





2009.08.31 Monday スポンサーサイト



comment...





(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.